スポーツ資格の種類カテゴリの記事一覧

スポーツ関連資格の種類について

自分の趣味を活かせる資格の中には、スポーツに関連したものがあります。

特に、財団法人日本体育会協会が主催するスポーツ指導者の資格においては、数多くのものが存在します。

まず最初に、 スポーツ指導基礎資格 です。

その名のとおり、スポーツ全体の指導をする上での基礎を学ぶ資格のことです。

最近では、その地域での趣味サークルやスポーツグループなどでスポーツの指導をされている方や、これから指導をしていこうと考えている方、体育指導員をされている方におすすめの資格となっています。

そして、その資格を取得した後は、フィットネス系資格や競技別指導者資格へと、さらに専門性を高めることも可能です。

2つ目は、 競技別指導者資格

地域のスポーツクラブや学校、商業スポーツ施設などで、競技別の専門的な指導者、または、資格を取得した後に指導者になりたいと考えている方におすすめの資格です。

3つ目は、 フィットネス資格

地域のスポーツクラブや公共施設、民間の商業スポーツ施設などで、身体づくりの実技指導や活動プログラムの提供などにあたっている方、または、資格取得後に指導者にと考えている方にピッタリの資格です。

4つ目は、 メディカル・コンディショニング資格

スポーツ科学の知識をもとに健康管理や競技能力の向上の援助などをしている医師やスポーツトレーナー、資格取得後にこれから活動しようと考えている方におすすめです。

5つ目は、 マネジメント指導者資格

総合型の地域スポーツクラブなどで経営管理を担当している方、または、担当しようと考えている方におすすめの資格になります。

その他には、「体力テスト員」があります。

各自治体における体力テストの実施と普及をはかり、体力テストを実施する上での正しい指導や結果の判定を行います。

スポーツ教室やスポーツクラブなどで体力テストを行っている方や、お考えの方におすすめの資格です。

それ以外にも、全日本スキー連盟が主催している、趣味型の民間試験である「スキー指導員」や、(社)日本プロボウリング協会資格審査委員会の主催による趣味型民間試験、「プロボーラー」などがあります。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。